So-net無料ブログ作成

<天皇、皇后両陛下>ハンセン病療養所、24日午後に訪問(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は24日午後、静岡県御殿場市の民間ハンセン病療養所、神山復生(こうやまふくせい)病院を視察する。現存する最古のハンセン病療養所で、皇室とのかかわりが深く、その歴史は皇室のハンセン病施設への支援とも重なる。【大久保和夫】

 神山復生病院は1889年、フランス人の神父が民家を借りてハンセン病患者6人を受け入れたのがスタート。天皇陛下の祖母貞明皇后は、反物や食料を度々寄贈し、支援の姿勢は秩父・高松・三笠の各宮家にも引き継がれた。皇后さまの実家の正田家関係者からは昭和初期に最新型の消防ポンプ車が寄贈されたこともある。

 同病院が広く知られるようになったきっかけの一つは、看護師長を務めた井深八重さんの存在だった。旧会津藩家老の家系に生まれた井深さんは、長崎県の女学校の英語教師に赴任直後、ハンセン病と診断され入院。3年後に誤診と分かるが、神父らの献身的な姿を見て、病院にとどまることを決意した。91歳で亡くなる1989年までハンセン病患者のために尽くした。「日本のマザー・テレサ」とも称され、61年には看護師最高のナイチンゲール記章を受け、皇太子妃時代の皇后さまとも会っていた。

 今回の訪問は、両陛下の強い希望で実現した。御殿場市内の国立駿河療養所も訪れる。両陛下は63年からハンセン病療養施設を訪問しているが、2カ所同時訪問は03年に岡山県瀬戸内市の国立療養所長島愛生園と同邑久光明園を訪れて以来。

 両陛下は今回で、全国の療養所計15カ所のうち11カ所を訪れたことになる。近くに立ち寄った機会に入所者と懇談したケースも含めるとほとんどの療養所と接点を持っている。

28日以降に内閣不信任案提出へ「首相は軽薄で不勉強」 自民、大島氏(産経新聞)
福祉施設の85歳入所者に暴行、介護福祉士逮捕(読売新聞)
雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
125ccの原付バイクで行こう!(Business Media 誠)

<鉄道ファンの音>車掌の肉声や「鉄オタ クラシック」 相次いで発売(毎日新聞)

 鉄道ファンにはたまらないCDが相次いで出る。

 昭和40年代、駅や電車内で行われていた車掌や駅員の肉声放送を丸ごと録音したのが、「今、蘇(よみがえ)る国鉄 〜音の旅〜」(コロムビア、7000円)。3枚組みで「東北本線〜青函連絡船〜北海道」「総武・房総〜上信越〜東海道〜山陰」「東海道・山陽〜鹿児島本線〜四国」に分かれ、上野発「ひばり」から「丸亀駅放送」まで、言い間違えや方言が40〜50年前の日本に引き戻してくれる。列車だけでなく待合室なども写したブックレットの写真が郷愁を誘う。

 もう1枚は、世界の鉄道ファンの作曲家が、鉄道の音に触発されて作曲したオーケストラ曲を集めた「鉄オタ クラシック」(キング、2800円)。スターレク指揮南西ドイツ放送管弦楽団がこのアルバムのためにとりおろした。

 オネゲルの「パシフィック231」など定番だけでなく、チボリ公園オーケストラの楽長を務めたロンビ作曲の「コペンハーゲン蒸気鉄道ギャロップ」▽地下鉄よりもパリを描くことに主眼があったようなイベールの「メトロ」▽快調そのもののエドゥアルト・シュトラウスのギャロップ「テープは切られた」−−など14曲で、バラエティーに富んだ音を聴かせている。【梅津時比古】

橋下知事 普天間問題で「要請あれば、関西で受け入れ検討」(産経新聞)
口蹄疫被害 政府「失政」の懸念 農水相に批判集中(産経新聞)
親族旅行が…観光バスなど3台衝突、12人重軽傷 千葉(産経新聞)
「いつか宇宙へ戻りたい」 宇宙飛行士の山崎さん帰国会見(産経新聞)
借金…夫婦、3歳長女の首絞めるも「かわいそうになり救急車」(産経新聞)

南ア観光、商機逃すな 現地で見本市 サッカーW杯(産経新聞)

 【ダーバン(南アフリカ)=真鍋義明】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕を約1カ月後に控え、同国のダーバンでアフリカ大陸最大とされる観光見本市「INDABA2010」(南アフリカ観光局主催)が開かれている。同国関係者はW杯をビジネス拡大のチャンスととらえており、「宴の後」の発展に向けて熱心なPR活動を展開している。

 INDABAは南アを中心とした南部アフリカ各国への観光客誘致などを目的に毎年開かれ、例年、旅行業者ら関係者1万人以上が訪れる。

 今年の開催期間は8〜11日(現地時間)で、宿泊施設や旅行会社、サファリツアーのイベント会社など1500を超える企業が出展。サッカーボールの巨大オブジェを設置したブースや、サッカーにちなんだアトラクションなどW杯を強く意識した趣向もみられた。

 W杯の優勝トロフィーをかたどった南アの民芸品を販売するブースの責任者、オスカー・ンコギさん(44)は「まだ商売にW杯効果は表れていないが、大会後には多くの観光客やバイヤーが訪れるだろう」と期待を込めていた。

<普天間移設>「甘い汁は毒に」徳之島3町長、集会で訴え(毎日新聞)
神奈川限定の介護タクシー、都内で越境営業(読売新聞)
四半世紀ぶり?快晴GW 東京地方(産経新聞)
首相「沖縄の怒りの火に油」=共産委員長(時事通信)
千葉・医療再生の序章(下) ―地域医療を街づくりへ(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。